必ず手術が必要なわけではありません

包茎の人が必ず手術をしないといけないか?答えは「NO」です。
必ず手術した方がいい包茎と、手術なしでも治る包茎があります。
基本的には、真性とカントンと呼ばれるものは、手術などの治療をした方がいいです。
真性というのは、完全に亀頭が包皮に包まれているものです。
亀頭の表面と包皮が癒着を起こしていることが多く、強引にむこうとすると、ペニスを傷つけることもありますので注意が必要です。
カントンというのは包皮の口が小さく、亀頭を露出させたときに陰茎を締め付けてしまうもの、こちらは下手に皮をいじるとペニスの壊死を招くことがあります。
それ以外の場合は手術などの治療の必要のない場合もありむしろ、自分で包皮を伸ばすして広げることにより、治すことも可能ですしかし専門のお医者さんいまずは診察してもらうことをオススメします。
そして子どもや小児、幼児の時点ではしっかりと亀頭が包皮に包まれた場合でもでも手術などの治療、処置は必要ありません。
成長とともに状態も変化するので、あわてて病院に駆け込むよりも、状態の変化を見守ってあげましょう。